令和2年1月・第51全国学生書道展

 表彰式、最高賞受賞者による揮毫会と展示・撤去作業。

晴れやかなお子様たちの笑顔で令和2年がスタートです。

テレビ局の取材も入り「書の楽しさ」が拡がることと感じた新年。

令和2年1/1~1/31 円山会館二階でお稽古をさせていただいている「書の研究」支部「ひまわり書道教室」土曜日

         「翠蘭書道教室」火曜日水曜日

!初春書道作品展示!沢山の方にご高覧頂き有難うございました。

令和元年師走

第65回札幌市児童席書大会作品展

沢山のご家族連れで賑わっていた!作品をたのしく拝見した。

札幌市各区ごとに小1~中3の作品は壮観でした。

展示とりまとめて下さった諸先生に感謝です。令和1.12.31記

令和元年8月25日(日)

第50回全国書道コンクール表彰式

おひとりおひとりが益々輝かれますように。感動の一日!

全国学生書道展の表彰式は令和2年1月13日(月)です。見えなところで沢山の先生たちで準備を進めております。いつもご支援いただいているご父兄の皆さまに感謝申し上げます。書は楽しい!札幌市児童席書大会も展示が楽しみです。 令和元年12月記

 

第23回中央区書道協会習作展

令和元年7月22日(月)~7月25日(木)最終日16時まで

中央区民センター一階ロビー

 

沢山の方に、ご高覧頂き有難うございました。

毎年見に来て下さるのは会員一同、各お教室の皆さまの励みになります。頂いたご意見は生かしてまいります。

展示・撤去と日成堂様にはお手伝い頂き感謝です。

 

地下鉄真駒内メトロギャラリー 第6回習作展

平成31.4/8~令和元年5/20

沢山の方にご高覧頂き有難うございました。

「継続は力なり」続けることで見えてくるものがあります。

展示・撤去作業にご協力頂きました「八垂別書道サークル」の皆様、朝早くからご協力頂き有難うございました。

平成31年4月29日(月) 

札幌市南区 青少年真駒内コンパスにて

毎日書道展選別会 終わりました。

約700点くらいの出品とのことです。緊張と安堵と・・

やっと新年度始まります。そして次へ!!GO!!

第49回全国書道コンクール表彰式

 平成30.8.19(日)教育文化会館にて行われました。

 学生は小5硬筆の部:最高賞。一般実用書道の部:特別賞第一席。

 高1毛筆の部:特別賞第三席。小2毛筆の部:特別賞第五席

 ほか特別賞、優秀作、秀作、入選と皆さん健闘されました。

書塾の部でも国際書道協会賞を頂きました。

審査して頂いた諸先生はじめ、いつもご協力見守っていただいているご父兄ご家族の皆様に感謝です。有難うございました。

第16回 小原道城書作展

 

平成30年7月17日(火)

        ~22日(日)

午前10時~午後6時

 

セントラルミュージアム銀座

東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館5階

入場無料

 

主催)毎日新聞社

後援)一般財団法人毎日書道会・

          国際書道協会

一般財団法人小原道城書道美術館主管)小原道城書作展実行委員会

第49回 全国学生書道展

平成30年1月12日(金)~14日(日)午後4時まで

第49回  国際現代書道展 

平成30年1月17日(水)~21日(日)

第63回

札幌市児童席書大会作品展

12/24~12/27

 

推薦、特選、秀作、佳作

ひとりひとり観るのを楽しみにしています。

落ち着いて伸びやかな書きっぷりだった!

 

悪天候のなかも沢山の子供達ご家族連れで賑わう。

「書の甲子園」の作品も見ごたえあります。!

9月は全国学生書道展のしあげです。手も足も墨だらけ・・体ぜんたいで書く体験です。

子供の作品はいいなぁ!

大人は国際現代書道展です。

あと一週間です。9/23記

平成29年9月2日 第48回全国書道コンクール表彰式

札幌サンプラザにて

 

秋晴れの中、爽やかに厳かに行われた。

全国から参集した受賞された皆様の緊張から輝いた笑顔に変わり充実の2時間弱だった。

小原会長、久保運営委員長、学校の部団体優勝の当別小学校校長先生、書塾の部団体優勝の工藤先生、個人部最高賞代表の妹背牛中1のKさん 感動のお話でした。

チーム翠蘭からは、特別賞五席入賞のRくん 立派だっだよ!

みなさんの力で書塾の部は国際書道協会賞!有難うございます。

 

第45回記念 心華社書展

「臨書を極める・・

       形臨から意臨へ」

 

会期

平成29年7月5日(水)~9日(日)

午前10時~午後6時

    (最終日午後4時まで)

会場

札幌市民ギャラリー第1.2.3.室

札幌市中央区南2条西6丁目

 

<企画大作展>

✦2×8の5連幅など大作多数

✦平成の蘭亭叙

 

 

6/26月曜日

どーる夢工房での「彩り字手紙」

 

友人の芸術家 原田ミドーさんからの「習字の先生探してるんだけど・・」から始まったサークル。

1月から始まり半年が過ぎました。

 

写経・実用書道・ペンの教室です。皆さんとても熱心で確実にスキルアップしています✨ 3週めが「彩り字手紙」です。

今日は見学の方も見え・・「暑」「夏」を書いてみました。

!!ときめき感!!が大切です。おひとりおひとりが益々輝きますように♪ 書くことには力があります✨ ミドーさん有難う!

 

 

 

 

 

 

 

H29,6,10(土)日本書道評論社 主催

「基礎から学べる毛筆講習会」第2回め 「行書編」

函館、北見からも参加されていた。教えることは学ぶこと。自宅で書いてきた作品、指導を受けてからの作品の変化。用筆法・運筆法・・・実りのある一日でした。感謝!

平成29年度

日本書道アカデミー

    前期スクーリング

 

平成29.5.21(日)

北海道青少年コンパス

(札幌市南区真駒内)

 

 

 

基礎科師範科生:清野春荘准教授  「かなの学習」

   研究科生:加藤青園准教授  「大字かなの学習」

模範揮毫) 中西春湖 教授, 加藤青園准教授

平成29.4.9(日)

真駒内青少年コンパス体育館

書道研究心華社練成会

 

4月29日の毎日書道展の選別会に向けて錬成。

「書の研究学生版」3月号新学年の課題です。

新小5の皆さん!

学生部かなに春からチャレンジしませんか?実用書道で活きてきます。

平成28.12.24(土)

第62回札幌市児童生徒席書大会

 

50年ぶりの大雪の札幌

沢山の家族連れで賑わっていた。入口に入ると「推薦・特別賞」の作品に圧倒される。

市内各区ごとに展示されているひとりひとり写真に収める。

 

一生懸命書いている様子が目に浮かび嬉しい気持ちで観ました。

元気よく伸びやかに書いている。お名前も丁寧に書かれていました。緊張したのかいつもより小さくなり力が出ていない感じもありますが筆が立って強い線で書かれていました。佳作・秀作・特選おめでとう!!来年は全員参加しましょう。

取りまとめ、展示して下さった諸先生に感謝申し上げます。

☆ ある日のお稽古 ☆  

80代sさんが手作りカレンダーを持ってきてくださった。皆で共有し楽しむ。毎月の競書の作品もたくさん書いてくる。

今年は「全国書道コンクール」でも優秀作!「段」目指してお稽古しましょう。

 

平成28年度 日本書道アカデミー 後期スクーリング

  日時:11月27日(日) 10時~16時30分

  場所:北海道青少年コンパス

 担当講師>小原道城本部長、中西春湖教授、加藤青園准教授、

           大橋静琴准教授、 清野春荘准教授

○基礎科 師範科 「雁塔聖教序」

○研究科 「興福寺断碑」王羲之の書法を極める!!

 

 基礎科、師範科は現役高校生も参加していた。寒い時期だが全道から集まる。担当の先生ごとにグループで細やかな指導がされた。最後は作品を張り、批評をして頂く。実践から学ぶ貴重な時間でした。

平成28年8月22日(日) 教育文化会館にて

第47回全国書道コンクールの表彰式

 全道各地から受賞の皆さま、ご家族の皆さま、ご指導されている先生でほぼ満席の会場でした。団体優勝の当別小学校校長先生のお話、受賞者代表で小6芽室町のお子様のお話、書道を通して継続することの素晴らしさが伝わりました。

翠蘭書道教室からは、初めて特別賞3席で2名

表彰式に出席されない方も特別賞、特選、優秀作、秀作、入選と健闘しました。おめでとうございます!!皆さんの力が結集して書塾の部でも初めて国際書道協会賞を頂くことができました。有難うございます。審査して頂いた小原先生はじめ諸先生に感謝申し上げます。

 

 

H28.6.5(日)

書道研究 心華社練成会

「伊都内親王願文」 橘 逸勢

(たちばな の はやなり)

 

全道から集まり学ぶ。今回は100人位・・行事も多い6月初めの日曜日。

家族の理解があってこそ続けられる書活動。

継続は力なり。

H28.6.4(土)

本部主催 

第1回基礎から学べる毛筆講習会

4名で参加しました。

平成28年1月20日【水】~24日【日】

午前10時~18時まで(最終日16時まで)

札幌市民ギャラリー 入場無料

   札幌市中央区南2条東6丁目

主催;国際書道協会

「書の研究」のホームベースである国際現代書道展です。

全道 全国 海外からも参加されています。

1月23日表彰式・祝賀会以外は毎日審査会員の先生の作品解説が11時~12時あります。

1月24日【日】10時~11時札幌市民ギャラリー1階ロビーでは上位入賞者による席上揮毫パフォーマンス!!お見逃しなく!!

第61回

札幌市児童生徒席書大会

平成27.12.20~12.23

 

最初に入会したお子様が2度目の推薦を頂いた。

選評:素直な筆づかいでていねいに書かれています。柔らかな線がとても魅力的な作品です。

初めて参加したお子様も秀作・佳作と健闘!お名前がしっかり書けていました!伸び伸び書けていました!自分の力を出し切れなかった事も体験していくことで、必ず力はついています。審査、展示、取りまとめて頂いた沢山の先生に感謝申し上げます。

 

平成27年度日本書道アカデミー

後期スクーリング

平成27年11月29日(日)

10時~16時30分

研究科:顔真卿 「建中告身帖」

基礎科 師範科:太宗 「晋祠銘」

 

遠くは紋別から参加されていた。担当の指導教官ごとに小人数のグループで、細やかな指導をして頂ける実益のある一日。研究科は建中告身帖!!苦手が大好きになった!技術だけではない気づきも沢山あり期待を裏切らない時間でした。学んだ事をお教室の皆さまにお伝えしていくのが楽しみです。

8月30日全国書道コンクール表彰式~遠方からご家族連れで沢山の方が毎年来て下さる。トキメキと感動を!!!といつも願いながら~会場係をさせていただいた。

今年は初めて団体奨励賞を頂きました。

チーム翠蘭のお一人お一人とご父兄のご理解に感謝です。

H26.11・30日本書道アカデミー後期スクーリング~

午後・・落款講習

実践から学ぶ!参加者ひとりひとりが主役。とても解りやすくご指導頂いた。

「書の研究」12月号 臨書講座 教師入門 

研究科 空海・灌頂歴名


学校で参加したMOA書道展で金賞!

区民センターで表彰をうけた。


お子様おひとりおひとりが学校を基盤にそれぞれが伸びてゆくのはうれしい限りです。

毎日書道展・佳作賞の表彰式出席のため上京した。国立新美術館での毎日書道展。ときめいた!
毎日書道展・佳作賞の表彰式出席のため上京した。国立新美術館での毎日書道展。ときめいた!
毎日書道展での揮毫会 迫力ありました!!緊張感のなかにも激しさと楽しさ!
毎日書道展での揮毫会 迫力ありました!!緊張感のなかにも激しさと楽しさ!
こどもは天才だと思います。力強い線がいきています!
こどもは天才だと思います。力強い線がいきています!
小原道城先生 揮毫
小原道城先生 揮毫

平成26年前期スクーリングが開催されました。

研究科は【大字書】

佐藤翔雲先生の講義から始まり、小原道城先生、片倉大成先生、中西春湖先生の揮毫の時間。

終わりは自分たちの書いた作品を受講者みなの中で一点一点解説してくださいます。

 

スクーリングに必ず参加され帰りの地下鉄でご一緒させて頂く大先輩の支部長さんがステキだ!

日本書道アカデミーと毎月の【書の研究】で日々勉強してらっしゃるお話は新鮮で【書】は楽しいです。

【書の研究】をとことん生かされていて沢山の気づきがあります。一番大事なこと・・・継続は力なりです。

全道から集まり学ぶ、明るくイキイキした雰囲気の中で貴重な一日でした。また半年後にお会いしましょう♪

 

片倉大成先生 揮毫
片倉大成先生 揮毫

父のこと

昭和5年生の父は、道北のちっちゃな離島の生まれです。鰊漁の栄枯盛衰を体験し【教育】の大切さを常々口にしておりました。とても字の上手な人で函館の自宅で書道教室をしていました。多いときは自宅たけで100人位のお子様が学んでおりました。毎日展にも入選しておりました。でも【書の研究】は知りませんでした。今 小さいながら書道教室をさせていただいているのは札心教室・書道研究  心華社でご指導いただいている小原道城先生が背中を押して下さったおかげです。教えることは学ぶこと!!どんな師に出遭うかで人生は変わると思います。

焼尻島
焼尻島

毎月競書提出は慎重に確認し段級を書き込む。毎週いっしょうけんめい書いた作品。写真版になるのが夢のお子様・・・大人もそうだ・・本が来るのをとても楽しみにしているお顔が目に浮かぶ。

一般の方で【うまくなりたい】と書き込む枚数がすごい方が思いがけず写真版になった。選評『書く姿勢が伝わり好感度大』・・ご本人とともにしみじみ感激した。

審査していただいている諸先生にいつも感謝しています。

 

書の研究 大人版 11月号P75より抜粋
【書の研究】国立国会図書館に!
◆全国競書誌、250誌から選ばれた代表誌!!
平成19年3月 国立国会図書館から、書道文化を後世に伝えるために書道人を育成している競書誌の中から図書館の蔵書として長く歴史に残すので、貴会の創刊号から一括寄贈して欲しい旨の依頼文書が届きました。

書の研究本部としてはこの上も無い光栄であり、早速、旧号を取り揃えて急送致しました。

以後も毎月送り続けております。・・・

12月1日(日)JR研修センターにて、日本書道アカデミーの後期スクーリングが研究科、基礎科・師範科合同で開催されました。

【書の研究】支部長の内60%はアカデミー出身とのこと・・・・全道から集まり学ぶ年2回のスクーリングはとても貴重な時間で新しい発見がある。書道研究 心華社での諸先輩にお会いできるのも嬉しい時間でした。

また、小原道城書道美術館が休館日の火曜日は、小原道城書道教室で学びの場となり札心教室に在籍させていただいております。

生涯学習誌【書の研究】の毎月競書に提出しています。

臨書

規定

随意

条幅 臨書・条幅 創作

条幅 臨書かな・条幅 創作かな

調和体書

写経

大字書

毛筆かな・かな創作

ペン字・ボールペン字

実用書道に挑戦しています。 

その他 高校部門・篆刻部門があります。

【書の研究】は書道とペン字の総合競書誌です。

表紙からはじまり裏表紙の鑑賞作品、巻頭言のご文章も毎月楽しみにしています。とても充実した内容です。